只今のAmazonタイムセール>>

aiko LOVE LIKE POP vol.23 (2023年9月10日名古屋国際会議場センチュリーホール)ライブレポート

aiko 好きな人 あるある ライブ 感想 日記
エッセイ(という名の日記)
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

aiko Love Like Pop Vol.23  名古屋 セトリ

※ライブレポートでもあり、駄文を連ねた日記です!

おはよう、世界✨

新しい朝がきた、希望の朝が。

現在、2023年9月11日 朝の8時。

昨日、最高のライブに行ってきた。
(この場合、“最高”と書いて、“aiko”と読みます)

aikoのライブは魔法だ。

元気がもらえるし、よし、今日からまた頑張ろうと胸を張って思える。

2023年9月10日 名古屋 国際会議場 センチュリーホール 「aiko LOVE LIKE POP vol.23」16時開場、17時半開演。

会場は、地下鉄日比野駅から徒歩5分。

少し雨が降っていたから、地面が濡れていて、蒸し暑い。

駅から会場まで5分歩いただけなのに、ライブが始める前から汗をだいぶかいてしまった。

16時過ぎに会場に到着した。

開演するまでグッズを見ようと思ったけど、お客さんの列がズラリと階段の踊り場まで並んでいた。

今回はまぁいっかと、諦めた。

開演するまで、席に着いて友達と、とりとめのない話をずっとしていた。振り返ると、何の話をしていたか、思い出せない。(長年来のaikoライブ友達と一緒に参戦)

17時半が近づくと、舞台が暗転して緊張感が高まる。

心臓が口から飛び出しそう。

飛び出した心臓をグッと飲み込んだら、
胸が熱くなって、涙が出そうになったのを堪えた。

最初の曲は『荒れた唇は恋を失くす』だった。最新アルバムの『今の二人をお互いがみてる』の第一発目の曲でもあり、ライブの始まりの曲にふさわしい。

私にとって10年ぶりのライブだけど、
10年前に見たaikoと変わらず、いつも私が聴いていたaikoがそこにいた。

ちゃんと生きてるaikoが同じ空間にいる。
じーんとして、うるっときちゃう。

セットリストは、夏の終わり、秋の始まりにふさわしい曲ばかりだった。

特に『夏恋のライフ』、めちゃくちゃよかった。

「半袖長袖迷う日には 昔ならあなたが決めてくれた 自分らしくない毎日を無理やり忙しく過ごしてる」

切ない、というありきたりの言葉でしか伝えられない自分が憎い。

この曲、aikoが19歳のときに作った曲なんだけど、私が19歳のときに、aikoのこの曲の感情はなかったから、aikoはやっぱりすごい。

MCでaikoは「誰も1人ぼっちにしないライブにする」「死にたくなる前にaikoのライブにまた来てほしい」って言っていた。私がaikoを好きな理由ってこういうとこなんだよな、と思った。

aikoの曲も、言葉も、仕草も、
心にスゥーと入ってくる。満たされる〜。

ちなみに私の隣の席の人は、寡黙そうな男の人が一人で来てて、終始直立不動だった。

全身でaikoをそのまま受け入れてるんだろうな、って静かに熱いものが、ビシバシと伝わってきた。

aikoは、「握手会があったら数人しか来てくれないんじゃないかな〜。えーaikoが握手会マジで〜ってツイッターで叩かれるわw」って言っていた。いやいや、そんなわけあるかーい、ファンが殺到するやろ、と私は思う。

(aikoがXって言わないで、ツイッターと言っていたのもよかった。なので、これからも私は誰が何と言おうとも、ツイッターで押し通していきたい)

aikoはライブが終わったら、気が付かれないように段ボール箱に入って、手だけだして、出口でハイタッチしたいらしい。

ライブを観ていたら、一階席をaikoがぐるぐる走り回って、たくさんのお客さんとハイタッチをしていた。(私は2階席!一階席の人がうらやましい!!)

私はaikoと遠い席にいたけど、心は繋がっているとずっと思っている。だけど、物理的には2階席だと近づけない。次こそ一階席のライブで、aikoを間近で見て、できるならばaikoに触れたい。

aikoが「ミニストップのソフトクリームがおいしい、食べるスプーンがお気に入り」って言ってたから、今度ミニストップに行ってこようと思う。

次の新曲で『ソフトクリーム』のタイトルで出してくれないかな。

aikoのMCってファンと距離感ゼロすぎて、
ほんと好き。

そんなことまで話すの?ってことまで話してくれる。

ライブでファンと一対一で話すことある?って思っちゃうけど、それがaiko。

ライブに来てるお客さんで、付き合って10ヶ月のカップルや、口元がそっくりな親子がいて、aikoが話しかけてた。

微笑ましいな〜。娘とaikoのライブ、いつか行きたい。それが私の今の夢。

ライブに来てたお客さんの一人が「グッズでクレジットカード出して!」と叫んだら「あたしのカード、引き出し放題で破産するわww」ってaiko言ってた。

いやいやクレジットカードのデザインをaikoのイラストにしてってことかー、ってaiko自らセルフツッコミ入れてて、笑った。

19時半になったら、ライブが終了となった。

…のだけど、言わずもがなアンコールがあるわけで。

間髪を入れず 「aiko!aiko!」のコールが始まる。

実はこの日のaiko、何だか喉の調子、本調子じゃないのかなと一瞬思ったけど、そんなの気にならないくらいaikoが全力だった。

アンコールからロック感強めで激しくてよかった。

懐かしいaikoの曲が聴けて、たまらなかった。

アンコールで歌ってくれた『be master of life』『愛の病』も『相合傘』も思い入れが深い。

1回目のアンコールが終わったら、バンドメンバーが先に舞台裏に去った。

「これで終わりだなんてつらい〜」ってステージの真ん中で、地団駄踏んでるaiko。
このaikoがかわいすぎて、死ぬ。

そしたらバンドメンバーが匍匐前進して現れた。アンコールの曲どうする〜って円陣組んで、2回目のアンコール始まった。

ねぇ、アンコール2回も!!すごくない?

アンコールの曲は間空けずに、これでもかこれでもか!って怒涛の勢いだった。

会場のボルテージ上がりまくりだ。

ラストは『ボーイフレンド』
最高の盛り上がりで幕を閉じる。

私の心にaikoシャワーがずっと降り注ぎ、満タンです。むしろ溢れてダダ漏れで、心の声をブログに吐露せずにはいられません。

ありがとう、aiko。

わたし、しばらく元気で生きていけます。

ライブって、楽しすぎる祭りがもうすぐ終わっちゃう、辛い、終わったぁ(虚無感)ってなるのが常でしょ。

今回はそれが全然なくて、aikoマジックすごい。

結局、19時半に終わるはずだったライブが完全に終了したのは、22時前だった。

カーテンの後ろにひょっこと隠れながら
「ばいばい、またね」としばらく手を振ってくれたaiko。

「aiko大好きだよー」のファンの声に「はいよー」って答えてくれるaikoが、大好きだ。

好きなものを怯まずに、臆することなく「大好き」だと思えたら、日々はご機嫌に生きていける。

好きなものを好きだと、口に出して言う必要はないよ。

大人になったら好きなものを言うのって照れるし。「好き」だと口に出した瞬間から、私の好きなんて、薄っぺらいものになってしまうような気もするし。

心に熱い「好き」があるだけで、それでもう、充分幸せだから。

ほんと単純。
でも、幸せってそういうものだ。

未来永劫は分からなくても、
少なくとも、昨日に続く今日と、明日くらいは頑張れる。

毎日なんてその繰り返しだよね。

aikoのライブを糧にして、また私は今日も明日も生きていこう。POWER

そして、来年の2月の日本ガイシホールのライブも絶対行きますww

コメント

タイトルとURLをコピーしました