ツイッターのスペースで30分くらい話したら新しい世界を知った話

エッセイ(という名の日記)
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

どうも、ハチコ(@hachiko8531)です!

先日、ツイッターのスペースで初めて30分くらいお話しました。

 

金曜日の夕方に誰かのスペースに入ってみたけど、何話してるか全然分かりませんでした。

寂しくなって、友達にLINEして、すぐに2人でスペース開催しちゃいました。

2人でワチャワチャしながら、ノリで始めたのがなんか今思い出しても、ニヤニヤする。

やり方も分からないし、スペースのホストもよくわかってなかったのに、行動力だけはすごい。

そして、何話してたかあまり覚えてない。(緊張した)

ツイッターのスペースについて、今さら説明する必要ないと思いますが…

スペースを使うと、Twitter上で音声を使ったリアルタイムの会話ができます。
Twitterのアカウントを持っていれば誰でもTwitter for iOSまたはTwitter for Androidからスペースに参加して、会話を楽しむことができます。
ツイッター ヘルプセンターより引用

スペースのやりかたはヘルプセンターを見たほう早いので割愛します。

(スペースやりたい人はまずこれ見たほうがいいと思う。見なくても始めた2人w)

調べてみたら、以前はスペース開けるのはフォロワーが600人以上いるユーザーのみだったけど、制限を撤廃したらしい。

すでに600人以上フォロワーさんがいるアカウントは、視聴者がすでにいるということ。

ホストとしてよい経験ができるだろう、という見解だったんだね。

自分の声をカセットテープ(死語)で録音したやつ聞くと、めちゃくちゃ変な声だなと小学生のときに気づきました。
(みんなそうかもしれない。)

私はよく噛むし、苦手な人の前だとめちゃくちゃ早口になったりします。

あんまり話すの「得意」じゃないけど、話すのは「好き」

以前、クソリプきたときにいきなり泣きながら(今思ったらやべぇヤツ)、優しいフォロワーさんいるスペースに入ってほんの少しだけ話しました。

慰めてもらいました。

メンタル豆腐すぎて、クソリプきたら耐えられなかったけど、
全然知らない人がいきなり後ろから刺してくるリプ(通り魔犯行)なんて、気にしなくてもいいんだと最近は思います。

文字だけで繋がってる人と、声で話すのしゅごい。

そして、文字だけ話していたのに、声で繋がっても、違和感なかったのがすごい。

それからツイートがその人の声で再生されるから、スペースはおもしろいと思った。

「リスナー」で入ると、ちょっと小耳を立ててみるアバンティ感(昔あったラジオ番組)が強い。

盗み聞きしてる感じかな、それもそれでおもしろい。

「アバンティ」とは『サントリー サタデー ウェイティング バー』のこと。
内容は、東京のとあるイタリアンレストラン「”AVANTI”(アヴァンティ)」のウェイティングバーで繰り広げられる客同士の会話を常連客(番組の進行役)の紳士と一緒に聞き耳を立てるというもの。 Wikipediaより引用

ツイッターの140文字で収まらないことは、ブログにしたらいいと思うけど、
誰かと話したいときは、スペースもありかもしれない。

ツイッターの新しい世界「スペース」を知った話。

今も誰かが「スペース」している。

私の勇気が出たらまたいつか……。

今さらだけど、前に話題になった「Clubhouse」どこいったんだろう……。

やっぱりツイッター最強説!

いしかわゆきさんの『書く習慣』に感銘を受けています。

これから私のなんでもない日常も記事にしていこうと思います!

あわせて読んで!一緒にスペースした友達の記事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました