只今のAmazonタイムセール>>

『初恋、ざらり』ドラマ第6話、原作コミックファンのネタバレ感想・あらすじ

ドラマ 初恋、ざらり 第6話 あらすじ ネタバレ 感想
映画
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

こんにちは!『初恋ざらり』原作コミックのファンのハチコです。

俳優の小野花梨さんと風間俊介さんダブル主演の連続ドラマ「初恋、ざらり」(テレビ東京系、金曜深夜)第6話が8月11日深夜0時12分から放送されました!

今週も第5話に引き続き、ネタバレあらすじ&感想を書いていきます。

スポンサーリンク

ドラマ『初恋、ざらり』第6話のあらすじ

突然やってきた兄・龍之介(浜中文一)は、どうやらまた職を失ったらしい。

コロコロ職を変わる兄に、岡村さん(風間俊介)は嫌気がさしている。

岡村さんは居酒屋で、兄から新しい事業を始めるから、少しの間泊めてほしいと言われる。有紗と同棲していることもあり断わった。代わりにお金を少し渡す。

岡村さんの兄は、居酒屋にあった子ども向けの「間違い探し」を見ながら
「むずかしいよなー。パッとみただけで全然わからない。いっしょに見える」と話す。

それを見ながら有紗(小野花梨)を思い出す岡村さん。
「純粋でいい子、違いなんてわからない」

岡村さんは有紗を好きだが、胸に残る罪悪感はなんだろうと思い悩む。

有紗は会社で、仕事が残っていようと定時になればサッと帰ってしまう。
同僚のパート女性(子どもがまだ保育園のシンママ)は、苛立ちがつのる。

有紗が夏服を取りに、自分のアパートに帰ると有紗のママ(若村麻由美)がいた。

有紗は「岡村さんちの洗濯機うちのと違ってわかんない」と、ママに漏らすと「おんぶにだっこじゃなくて、支えあうのよ」と忠告される。

岡村さんの家の洗濯機を説明書を見ながら、何とか洗濯を頑張る有紗。しかし、赤いタオルと他の洗濯物と一緒に洗うと、色移りしてしまった。

「そんなの説明書に書いてなかった。それもみんな普通にできるの」落ち込む有紗。

所長(渡邊聡)の誕生日に、ささやかな誕生日祝いをすることになった。

ケーキはあるが、肝心のプレゼントが見当たらない。

「ハンズの袋のやつ、ここにおいてあったはずだけど?」と同僚のパート女性(うらじぬの)は有紗を疑う。

有紗は、もしかして自分が知らぬ間に捨てたのかと思い、みんなの前で謝る。

しかし、捨てたのは有紗ではなく、
子持ちのシンママの同僚の女性であった。(故意ではない)

後ほど、岡村さんと有紗は屋上でそのことについて話す。

「本当はプレゼントを捨てたのは有紗ではないのに、身代わりの悪者になったんだよ」と有紗に問いただす。

有紗は「いいんです、支え合いだから」と泣きながら岡村さんに話す。

岡村さんは、有紗に「怒ってるわけじゃないよ」と言いながら、抱きしめる。

岡村さんは心の中で自問自答する。「誰に怒ってる?誰かがしてほしいこと 間違えないように 穏便にそうやって生きてきた。でも、この罪悪感はなんだ」

岡村さんは、言葉にできない罪悪感に苛まれ、苦悶の表情を浮かべる。

そんなとき、有紗のスマホが鳴る。
相手は有紗の友達、友ちゃん(高山璃子)。

どうやら撮影会があり、友ちゃんはアイドルになるらしいとの報告だった。

⇒今なら無料で【初恋、ざらり】が見れる!U-NEXTで31日間無料トライアル

ドラマ『初恋、ざらり』第6話の感想(ネタバレあり)

初恋、ざらり 第6話 あらすじ ドラマ 感想 困惑の岡村さん

今週のざらりは、岡村さんの気持ちがひしひしと伝わり、胸が痛い回でした。

岡村さんは自由奔放な兄を見て、母が悩んでいるのをずっと見ていたという家庭環境もあって、空気を読んだり、他人を慮るのを慣れているんだと思う。

有紗のことは好きだけど、胸に残るしこりのような罪悪感が、岡村さんを苦しめている。
見ていて辛かった。

素直でかわいいだけで付き合ってしまった岡村さん。

有紗を受け入れようとしているけれど、まだ岡村さん自身の心の決心がついていないように思えました。

自分が誕生日プレゼントを捨てたわけじゃないのに、確信が持てないまま謝る有紗。

有紗は今まで知らないうちに他人に迷惑をかけていることが多々あって、それを自分でも自覚しているのでしょう。

わけも分からず謝ることで、とりあえず場を収めるのが、有紗なりの今までの処世術だったのでしょう。

有紗は、今回は濡れ衣だったにもかかわらず「いいんです、支え合いだから」なんて言ってのける。

有紗ちゃん、そんなの支え合いじゃないよって言いたくなった。

有紗はそうやって、いろいろな人にいいように利用されてきたんだね。辛すぎるよ。

有紗は人に迷惑かけてばかりだから、どんな形でいいから役に立ちたいっていう思いが強い。

自分を軽く扱わないで、もっと自分を大切にしてほしい。

岡村さんは、有紗のことを分かってくれる人で、本当の意味の「支え合い」ができると思う。

今週はイチャイチャシーンは少なめでした。
かわいいチュッチュシーンのみかな、うーん、物足りないぞ…。

さぁーて、来週の「初恋、ざらり」は!

友ちゃんアイドルの撮影会って、本当に大丈夫?怪しくない?

初恋、ざらり ドラマ第7話の予告

『初恋、ざらり』電子書籍はこちらから

原作 ざくざくろ『初恋、ざらり』 KADOKAWA、全2巻
「このマンガがすごい!2023」にランクイン!

Amazon
初恋、ざらり ざくざくろ【Kindle版】

コミックシーモア
初恋、ざらり ざくざくろ【コミックシーモア】

ebookjapan
初恋、ざらり ざくざくろ【ebookjapan】

BookLive!
初恋、ざらり ざくざくろ【BookLive!】

コメント

タイトルとURLをコピーしました